2009年10月06日

任天堂などソフトメーカーが「マジコン」の禁止求め提訴

任天堂などソフトメーカーが「マジコン」の禁止求め提訴

 任天堂(京都市)などソフト関連メーカー55社は5日、違法コピーされたゲームソフトが携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」で使えるようになる機器「マジコン」の不正流通で被害を受けたとして、東京都内の通信機器販売業者など4社に、輸入、販売の差し止めと計約4億円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。>>続きを読む

 「販売業者には警告を続けているが、真摯(しんし)な対応が見られないケースがあり、法的措置を取った。マジコンのまん延で業界全体が深刻な被害を受けていることをユーザーも知ってほしい」としている。

posted by stormshar at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。