2009年09月09日

失火容疑でろうそく生活の男逮捕

失火容疑でろうそく生活の男逮捕 静岡

 7日午後9時ごろ、富士宮市大宮町の木造一戸建ての民家から出火、民家を全焼したほか隣家や旅館などに延焼、計5棟を焼いた。富士宮署は、火元の民家で生活していた男が「トイレから戻ると、ろうそくが倒れていた」と話したため、重過失失火の疑いで無職、間宮偉臣(ひでしげ)容疑者(65)を現行犯逮捕した。>>続きを読む

 同署によると、当時、間宮容疑者は居間で焼酎を飲み、ろうそくを放置してトイレに立った。自宅は電気や水道を止められており、「1、2年前からろうそくで生活していた」と供述している。間宮容疑者は一人暮らしで、昨年ごろから月約6万5千円の生活保護を受けていたという。

posted by stormshar at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。