2009年09月04日

「オオウナギ」で修復遅れ

「オオウナギ」で修復遅れ 田辺市鮎川の流れ橋

 7月6、7日に紀南地方を襲った大雨で流された、田辺市鮎川の富田川に架かる宇立橋(流れ橋)の復旧工事が大幅に遅れる見通しだ。作業面やアユ漁を考慮すると早くても12月ごろになるが、富田川が「オオウナギ生息地」として国の天然記念物になっており、工事の許可に時間がかかることもあるという。市大塔行政局では住民に理解を求めている。>>続きを読む

 富田川の天然記念物「オオウナギ生息地」の範囲(河口から18キロ上流)内のため、工事には文化庁の許可が必要だという。文化庁が特急で処理すればいいのだ!

posted by stormshar at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。